読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COSMIC DREAMER

ゆるゆるとライブやイベントのレポなどを綴っています

BUCK-TICK@パシフィコ横浜(DIQ)2015.12.23

パシフィコ

THE MORTALの流れからのBUCK-TICKのDIQ。
DIQはBUCK-TICKBUCK-TICKファンの言わば約束の日、毎年恒例のライブ。

ツアーの流れを汲んでいる場合はそのアルバムの曲が多くなるけれども、基本的には新旧織り交ぜたセトリで来るので今年は何を演ってくれるんだろう、と毎年わくわくドキドキ。

1曲目、
「ANGELIC CONVERSATION」
あああ、こう来たかーーーーーー!!!!!

冒頭から心を奪われてうっとりしていると、、、

2曲目、
悪の華
ぶっこんできたーーーーーいやーーーーあっちゃんかっこいい!!!
BUCK-TICKかっこいいいいい!!!!!

BUCK-TICKは櫻井さんの表現力が素晴らしくて、1曲1曲の充足感がすごい。

セトリもストーリーになっているかの様で、頭の中で場景が展開して繋がっていって、照明の演出も相まって何というか…単に「バンドのライブを観に来た」という感覚を超えている。

「JUPITER」は、最初は櫻井さんと星野さんだけにスポットライトが当たっていて、『やがて遥かなる想い』…の後にバン!て全体がライトアップされたらあとの3人が浮かんで、それだけで泣きそうになった。

「形而上 流星」からの「太陽ニ殺サレタ」はもう言葉では表せないような荘厳な世界観で、まるで浄化の儀式の様だった。

リリース時期とかも調べたくなったので、改めてセトリをまとめてみました。初めてBUCK-TICKのライブを観に来て「あの曲良かったけどどのアルバムに入っているんだろう?」という方の参考になれば。

【セトリ/BUCK-TICK@DIQ横浜2015.12.23】
※()は収録アルバム
01. ANGELIC CONVERSATION(3rdAlbum「TABOO」1989年)
02. 悪の華(2ndSingle「悪の華」1990年/4th Album「悪の華」1990年)
03. LADYSKELETON(18th Album「夢見る宇宙」2012年)
04. Brain,Whisper, Head, Hate is noise(5th Album「狂った太陽」1991年)
05. BUSTER(13thAlbum「Mona Lisa OVERDRIVE」2003年)
06. 狂気のデッドヒート(17th Album「RAZZLE DAZZLE」2010年)
07. TightRope(9th Album「COSMOS」1996年)
08. 密室(8thAlbum「Six/Nine」1995年)
09. スパイダー(15thAlbum「天使のリボルバー」2007年)
10. MISTYZONE(Mini Album「ROMANESQUE」1988年)
11. メランコリア-ELECTRIA-(33rd Single「形而上 流星」2014年)
12. ICONOCLASM(3rdAlbum「TABOO」1989年)
13. 細胞具ドリー:ソラミミ:PHANTOM(11th Album「ONELIFE, ONE DEATH」2000年)
14. JUPITER(5thSingle「JUPITER」1991年)
15. 夢見る宇宙(30thSingle「エリーゼのために」2012年/18thAlbum「夢見る宇宙」2012年)
-en.1
16. 形而上 流星(33rd Single「形而上 流星」2014年/19th Album「或いはアナーキー」2014年)
17. 太陽ニ殺サレタ(5th Album「狂った太陽」1991年)
18. die(7thSingle「die」1993年)
-en.2
19. FLAME(11th Album「ONE LIFE, ONE DEATH」2000年)
20. CLIMAXTOGETHER(18th Album「夢見る宇宙」2012年)
21. LOVEME(4th Album「悪の華」1990年)

いよいよ次は12月29日、ファイナル武道館!!!